経費削減方法をこっそり紹介

経費削減するぞ!
電気料金編
経費削減するぞ!
プロパン・LPガス編
経費削減するぞ!
水道料金編
経費削減するぞ!
消防設備保守費編
地球に優しく経費にも優しく

経費削減-エアコンの巻-

電気料金料金(エアコン編)-

エアコンの汚れは電気料金の大きなムダです!  

実はエアコンの状態で、年間の電気料金が変わります!

年間の電気代ですが、特に客商売をされているお店などでは、大きな経費の負担となっていますよね。
その電気料金経費を削減するのに、エアコンの定期的な管理・メンテナンスが大変重要になるのです。

一般的に電気代削減のために省エネ機器類を設置するのは、電圧降下等の原因にもなったり、なかなか設置に二の足を踏むのが現状です。。

こういった機器類での削減も、もちろん可能なのですが、下調べ等を確実にしておく必要があります。

元々、容量不足気味の設備に、省電力機器を取り付けてしまえば、何かの拍子に電気がダウンしてしまうという事態にも・・・
もしそうなってしまった場合、その対応にも大変苦慮します。

それでは、なぜエアコンを洗浄・クリーニングするなどの、定期的なメンテナンスをすることが電気代の削減に大きな効果をもたらすのでしょうか?

一つは、スーパーやホテル、レストラン、ゲームセンター、パチンコ店など、比較的電気代を多く使われる施設に向けた電力契約をしている所では、一年間の電気料金の基本料を、『年間で1番に使った時の電気量をもとに、基本料金単価を決定してる。』ので、このことで与える電気料金への影響は相当なものになります。

そして、この年間最大の電力消費の要因になるものがを、エアコンなどの空調機器なんです。

エアコンと電気料金の密接な関係

これらのことをご理解いただくために、電力会社の定める「電気料金の価格」とその一部の決まりごとについて少々ご説明します。
電力会社の定める電気料金単価の課金方法で、中規模程度以上の店舗やビルなど需要家向けに設定される「業務用電力」契約に代表される、契約の種別があります。

この種類の電力契約を契約されている需要家は電気料金の基本料金単価を、年間で1番に使った時の電気消費量を元に基本料金単価が算出されます。

※例えば・・・「業務用電力」契約をしているケースで。
○東京電力管轄で「業務用契約」を選択している店舗の基本料金単価は
⇒kw/1,860円

○夏場ピーク時の最大電力値)330kw、最低使用月の電力値を220kwとする

※このケースの場合
年間基本料金=330kw×1,860円=613,800円

1年間の内で1番に上がった時の電力使用量で年間の価格が固定されるので、このケースの場合は、この613,800円という額で、その年の毎月の基本料金がこの価格で請求されます。

年間を通して、その最大電力値(「デマンド」と言います。)が一番上がるのは、7月や8月に集中しますがその原因が、夏場気温が上がる事で、エアコンの設定温度を下げるために、消費電力を大きくさせてしまうのです。
(小口の事業所で小口向けの契約をされているところでは、上記の計算方法はあてはまりません。しかし基本的にはエアコンの使用具合次第で、年間トータルの電気料金は左右されます。)

Valuable information

新宿でわきが治療
http://gyoen-beauty.com/wakiga.html

最終更新日:2017/1/27

NEXT

日本での
リサイクルトナー
リサイクルトナー
料金をおえる
リサイクルトナー
メリット・デメリット
リサイクルトナー
工場をのぞいてみよう
廃車でエコ
HOME
地球に優しく環境にも優しく
環境破壊をすることによって、かぎりある資源が、どんどんと減少していってます。これから先、私たちは、何年も同じように豊かな生活していけるということはありません。なによりも、これから先、生きていけるかどうかさえも問題になっています。生活がますます便利になっていく中、現在の私たちの生活は豊かかもしれませんが、しかし環境があってこそ、私たちは暮らしていけるのです。この地球環境がなくなったとしたら、私たちは、生きていくことさえ困難になっていきます。地球環境をこれ以上破壊しないようにするためにも、もっともっと資源を有効に活用していくことが大切になってます。いかに環境破壊しないために、資源を守るために、ひとりひとりの心が大切です。
(c)地球に優しく環境にも優しくAllright Reserved.